柏崎市で住宅・店舗の建築設計、新築、リフォーム、古民家再生等。地元の工務店としてその地域にあった建物のかたちをご提案致します。

木製まな板のすすめ

  • HOME »
  • 木製まな板のすすめ

 

 

もうすぐ梅雨の時期がやってきます。じめじめとしたこの時期は、とくに食中毒に注意が必要です。

料理をする際、野菜やお肉など、生の食材にはじめてふれる調理器具「まな板」は食中毒予防のためにも、いつでも清潔に保っておきたいものです。

 

さて、突然ですが、皆さん、まな板はどんな材質のものを使っていますか?

 

プラスチック製のまな板や、木製のまな板など様々な材質のものがありますが、よく、木製のまな板は、抗菌加工されているプラスチックのまな板に比べて傷が付きやすく、雑菌が繁殖しやすいイメージがあると思いますが、決してそうではありません。

抗菌加工が施されているプラスチックのまな板は、確かに表面がコーティングされているので「安心できる」ような気がしますが、包丁などで付いた傷の奥の部分にはコーティングの効力が及ばない為、雑菌が繁殖しやすいのです。

その点、木の種類にもよりますが、無垢の木製のまな板は「木そのもの」に殺菌効果があるので、傷がついても自らを殺菌することができるのです。

 

 

木製のまな板にも ”乾きが遅いため、カビが付きやすい” などのデメリットはあります。しかし、プラスチックのまな板に比べると、多くのメリットがあります。

 

【木製のまな板のメリット】

  1. 包丁の刃当たり、音がいい
  2. 食材の臭いが付きにくい
  3. 食材が滑らない
  4. 傷が付いてもかんながけ(サンドペーパー)をするとまた綺麗になる
  5. 包丁が長持ちし、木の弾力の作用で、腕が疲れにくい

 

 

池田工務店 kanetayaのまな板(カッティングボード)は

樹齢100年の ”ほうのき” を 30年乾燥させた、天然無垢材を使用しています

  

この機会に、ご家庭のまな板を『木製のまな板』に変えてみませんか。

池田工務店 オリジナル木工ブランド ” kanetaya (カネタヤ) ” では天然無垢材 ほうのき の まな板を販売しております。

 

 

気になる方は URL:http://kashiwazaki-ikedako.com/kanetaya/ をご覧ください。

なお、商品を直接ご覧になりたい方は弊社事務所まで、お気軽にお越しください。

ご家庭でお使いになるのはもちろん、結婚祝い・引越し祝い・出産祝い・内祝い等の贈り物として、無垢の木製品はいかがでしょうか

 

PAGETOP
Copyright © 池田工務店 -池田建築設計事務所- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.