池田工務店、池田一峰です。

先週末、妻の実家である山形へ用事がありお邪魔して来ました。

おいしい芋煮をごちそうになり(3杯食べました)以前から興味のあった

酒田市にある「土門拳記念館」と本間氏別邸庭園である「鶴舞園」へ連れて行って頂きました。

酒田市出身の世界的写真家である、土門拳氏の写真展示館である、

土門拳記念館の設計者は建築家の谷口吉夫さんです。谷口さんは私の好きな建築家の一人で、作品はいくつか見に行っているのですが

こちらの建物も非常に美しかったです。土門氏の写真もとても感慨深く目を奪われました。

水と緑とコンクリート、光と影の使い方が秀逸でシンプルなのにずっと見ていたくなるような建築でした。

今から34年前に建てられたものとは思えない様なすばらしい作品でした。

外観は土門氏に縁の深い酒田の風土と深く関わることでこの地に記念館が建てられた事の意義を人々が読み取られるものとし、

内観は作品の印象を強めるために簡潔な意匠としたそうです。

みなさんも酒田市へ足を運ぶ機会がありましたら是非立ち寄ってみてください。

次回は「鶴舞園」について記事を上げようと思います!