(有)池田工務店、池田一峰です。

前回の続きで、今回は基礎工事をお伝えしようと思います。

遣り方で出した建物の位置と高さを目安にまずは掘削工事です。

堀り過ぎず掘らなすぎず、高さの管理と重機オペの技術が重要です。

掘削後は砕石を敷き込み、基礎が確実に地盤に力を伝えるためにしっかりと転圧をします。

その後、床下に湿気が上がらないようにポリフィルムで覆います。

次に、捨てコンクリートを打ち、原寸で通り芯等の墨出しを行って鉄筋の配筋、型枠を組んでいきます。

配筋は基礎の構造耐力に非常にかかわって来るので、鉄筋の種類の選定、配筋間隔、継手や定着の寸法、

コンクリートのかぶり厚さなど様々な規定をクリアしていく必要があります。

配筋完了後、国の認定機関に検査をしていただき特に是正も無く合格を頂きました。

 

次回、基礎コンクリート打設をお伝えしたいと思います。