仏間改修工事

池田工務店、池田一峰です。
先週から行っていた仏間改修工事をお伝えします。

仏間の無い住宅では仏壇を購入する際、納める場所がありません。
和室がある場合は今回の様に押入などを改修し、仏間をつくることが多いです。

上の写真は作業前状況。襖は取り外した状態です。

上の写真は作業の様子。
仏壇のサイズを考慮し、必要な寸法で押入れのスペースを間仕切ります。
押入の残り部分は収納として使用できるようにしています。


壁、天井の仕上げをして工事完了。上の写真は工事完了時の様子。
仏間には地袋を設け、仏壇用にコンセントを増設しました。
収納部分は既存の押入の襖戸を使用することができないので新たに観音開きの建具を設置しました。

これで無事、仏壇を納められるようになりました。
この1、2年で4件ほど仏間をつくらせて頂きました。
今回のように、お困りの際はぜひ弊社にお声がけください。

前の記事

トイレ間仕切り改修工事