kh様別邸(海の家)上棟

柏崎市の㈲池田工務店です。

先日行ったkh様別邸の建て方の様子をご紹介いたします。

 

足場が組みあがり、土台敷きが完了すると建て方スタートです。

作業前に最終ミーティングを行い、段取りの確認をした後、

大工さん・関係者一同と共に、お神酒にてお清めを行い、工事の安全を祈願し、工事スタートです。

 

今回の敷地は間口が狭く、奥行きの深い長方形の敷地でした。

それに加えて、前面道路から建築予定地までの後退距離が狭い為、

資材を置くスペースがありませんでした。

さらに電線等の架空線の問題もあり、クレーンの設置する場所にも考慮しました。

 

 

順序良く桁や梁などの横架材を架けて行きます。

梁や足場の上を移動しなければならない職人さんに無駄な動きをさせないように配慮して順序を決めていきます。

 

 

 

建物の棟上げまで終えた後、次は屋根を塞ぎます。

母屋に垂木を掛け、野地板を張ります。

当社では野地板の上にシージングボードを張ります。

これにより、屋根裏の温度上昇・低下を軽減するとともに、雨音など屋根からの音を和らげる効果が期待できます。

 

 

シージングボードを張ったあとは、屋根下地となるルーフィングシートを張っていきます。

これで雨が降っても安心です。

 

屋根材をクレーンで荷上げし、この日の作業は無事終了しました。

怪我もなく、安全に作業を終えることができました。

改めまして、上棟おめでとうございます!!!

 

引き続き、工務店ブログにて工事の様子をご紹介いたします。

今後もお楽しみに(^^)♪

 

★kh様邸別邸(海の家)基礎工事 についてはこちらをご覧ください 【基礎工事】