kh様別邸(海の家)進捗

柏崎市の㈲池田工務店です。

6月最後の週末を迎えました。蝉が鳴き始め、そろそろ夏本番という感じでしょうか。

今回は市内で進む海の家の現場についてお伝えいたします。

 

 

屋根ルーフィングシート施工後は、屋根鋼板張りです。

屋根鋼板はSGL(ガルバリウム鋼板)メッキ層の上に強化塗膜が施されているもので、耐食性に非常に優れています。

また遮熱効果も高く、赤外線を反射するので、室内の温度上昇を抑える効果も期待できます。

 

 

屋根工事の後は、外壁廻りの工事を進めていきます。

外部のサッシを取り付け、外壁の下地をつくり、タイベックシートを張って、胴縁を取り付けます。

 

胴縁は外壁とシートの間の空気が流れるように、一部隙間を設けて施工しています。

 

 

床・天井・壁の下地をつくり、断熱材を入れていきます。

 

   

 

海の見える、とても気持ちの良い立地にある今回の現場での作業は、

天候や近隣の方々に恵まれ、とても順調に進んでおります。

実際の進捗としては完成間近ですが、今回はここまでと致します。

今後も、ブログにて工事の進捗をご紹介いたしますので、どうぞお楽しみに(^^)♪