床リフォーム工事

こんにちは。柏崎市の㈲池田工務店です。

今回は床のリフォーム工事の様子をお伝えいたします。

 

 

今回のお宅は、リフォーム前の床材は根太に直接張りつけされていました。

元々あった床材の撤去や下地根太の取替えを行った後、断熱材を入れ、

構造用合板を張り、その上に新しい床材を張る工程が組まれました。

 



構造用合板を入れる事で床の強度をあげることができるのです。

下に並べたのは、リフォームの前と後の写真です。

 

 ➡  

 

 ➡ 

 

フローリングの色が明るくなっただけでなく、

床に断熱材を入れたことで、冬場でも床の冷たさを感じにくくなりました。

 

 

前の記事

屋根の葺き替え工事